相手の話には共感と相槌を

base_skin_code:new,skin_code:wu_pf_cssedit,default_custom_code:カウンセリングルームSmileplus 別れを悩むあなたをサポートします -4ページ目[if lt IE 9]><![endif] <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12147836622.html" dc:title="相手の話には共感と相槌を" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12147836622.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12146324429.html" dc:title="ご主人の様子がいつもと違う時は・・・" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12146324429.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12145998308.html" dc:title="疲れて帰って来たご主人に言う言葉" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12145998308.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12145648865.html" dc:title="モラ夫は人がいると奥さまを馬鹿にする" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12145648865.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12145142250.html" dc:title="モラ夫は妻が自分の下だと思っている" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12145142250.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12144900715.html" dc:title="モラ夫の無視は気にしない" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12144900715.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12144377246.html" dc:title="モラ夫と子供の関係" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12144377246.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12142753425.html" dc:title="イメージチェンジ失敗だ・・・" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12142753425.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12142207256.html" dc:title="モラ夫がモラ中には反応しないように" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12142207256.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12141510143.html" dc:title="3月ランチ会楽しく終了です❤️" dc:identifier="http://ameblo.jp/futaba3/entry-12141510143.html" ></rdf:Description> </rdf:RDF> ga/ga アドセンス対応 headBottom

StartFragment

2016-04-07 21:17:21 テーマ:夫婦でもう一度恋をする

はあとふるアドバイザーの麻野祐香です。

妻が夫に「聞いてよー、今日仕事で忙しくて。Aさんが仕事に文句言ったの」

と例えば言ってきたとしたら

どう答えるでしょうか?

「それはAさんに対してこうしたほうがいい」

とご主人が答えるとします。

すると

奥さんの機嫌が悪くなっていく

そんなこと経験した時ありませんか?

だいたいにおいて

女性の話は

『聞いて欲しい』

『共感して欲しい』

その思いが多いのです。

答えが欲しい

どうしたらいいのか教えて欲しい

そのために話しかけるわけではありません。

「本当に忙しくてAさんに文句言われるし、今日は疲れすぎたの」

「そうか、大変だったね」

「一人お休みしちゃって、いつもよりやる仕事が多くなっていたのよ」

「それは本当に忙しかったね」

「それなのに、仕事が遅いってAさんが怒ったの」

「それは酷いな。君は頑張ってたのにね」

そんな調子ですべてに共感と相槌をうたれたら

奥さんの疲れたという感情は無くなります。

共感と相槌の威力は本当にすごいんです。

「あなたに話してよかったわ❤️」

と心から奥さんは思い感謝します。

でも男性は

女性の話には「こうしたらいい」という解決策を求めていると思い

この場合はこうする

君が間違っている

など解決と結論を言いたがります。

ですから、「あなたに話してよかった」とはならずに

話さなければよかった

という思いでいっぱいにあります。

男性の話を聞く女性も同じです。

共感と相槌が一番話を引き出し

そして

話した後、心の解放感が広がるのですが

女性の知ったかぶり

こうしたほうがいいのに、あなたの為だからという思い込みの忠告

これをやめてみましょう。

ただ共感して

「そうね、それは大変だったよね」

「まー、本当にそうなのね」

と言いながら相槌。

奥さんもご主人も共感と相槌と感謝の言葉だけで

数日間過ごしてみてください。

きっとお互いの存在の意味が変わってくると思います。

EndFragment

Featured Posts
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

銀座オフィス

東京都中央区銀座6−6−1

風月堂ビル5F

営業時間:10:00~20:00

 

lb.jpg

copyright ©  SmilePlus all rights reserved.